ライフラインと不断水工事

人間の日々の暮らしにとって必要不可欠な設備のことをライフラインとよぶことがあります。ライフラインが注目されはじめたのは阪神淡路大震災ですが、その後に東日本大震災も発生するに及んで、ますますライフラインの重要性が見直されるようになりました。
ライフラインの中心は電気・ガス・水道ですが、なかでも水道は代替手段が他とは違ってなかなか確保できないため、最重要に掲げるべきものといえます。
水が手元になれば生命の危機に直結してしまいますし、そのほかにもトイレを流したり料理をつくったり、あるいは風呂に入ったりといった衛生面での需要も目のガスことができません。

実際に阪神大震災や東日本大震災では水道管が破損または流出するなどして断水状態となり、ペットボトルなどの救援物資が届くまで不自由な生活を余儀なくされた事例があります。ライフラインが途絶するのは自然災害だけではなく、水道工事などの場合にも起こり得ます。
逆に水道工事には断水が付いてまわるのがこれまでのあり方でしたが、最近は不断水工事とよばれる方法も登場しています。
この不断水工事は既存の水道管を分岐させてバイパスをつくり、ここから一般家庭への水道供給を確保する方法で、断水をせずに工事をすることができます。

断水があれば入浴をはじめとするさまざまな生活の営みが困難となりますが、不断水工事でその必要がなくなれば、いつもどおりの快適な生活が可能となり、工事のクオリティも大きく向上します。

不断水工事のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *