不断水工事の特徴的な点

水道工事には断水がつきものでしたが、それをなくす工法を採用しているのが不断水工事です。不断水工事には工事箇所などの違いによっていくつかのバリエーションがあり、ことばが同じだからといってすべて同じ工法とは限りませんが、一般には既存の水道管の途中に穿孔機でT字管を挟み込み、ここから水流を分岐させることになっています。
既存の水道管は止水したとしても、分岐した新しい水道管からの通水は可能ですので、ここから各家庭などに水道水を供給することが可能です。
その結果として既存の水道管を断水しつつ、各家庭での断水なしに工事を施工することができ、いままでにない大きなメリットを得ることができます。

もしも工事で断水が必要となった場合には、影響を受けるおそれがある家庭や事業所などに直接出向くか、あるいは市町村の広報誌やチラシのポスティングなどによって事前の周知を図り、水の汲み置きなどの準備をしてもらうことになります。また工事を施工後に管内を清掃する必要もありませんし、断水が長引いた際の担保として給水車を出動させるなどの手間もかかりません。このようなことから工期が短縮されるとともに、周知その他のコストを減らすことができますので、最近では市町村などが発注する公共工事において積極的に採用される傾向がみられます。
もちろん公共工事だけではなく、ビルなどの既存の建物の水道工事にも不断水工事は有効な方法ですので、特色を生かした導入が求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *