断水をなくす不断水工事

水道管は破損することもありますし、劣化によるトラブルを避けるために計画的な敷設替えをしなければならないこともあります。このような場合には水道をいったん断水して、その間に工事を施工するのが通常の方法です。現代の家庭では水を使わずに生活することはほとんど考えられなくなっています。

トイレをしたあとで水を流すのも、料理をするときに食材を洗うのも、同様に水を使いますし、まして入浴やシャワーとなればそれ以上の大量の水が必要です。

断水をするとこれらの生活ができなくなってしまいますので、各家庭にとっては大きな問題となります。公営水道の場合には給水区域も広く、工事による断水でもかなりの影響がある世帯数が見込まれます。

断水をなくして工事をする方法も実は存在しており、これをまとめて不断水工事といいます。
不断水工事にもいくつか種類があるので一様ではありませんが、各家庭に影響があるような工事であれば、既存の水道管に穴を開けて水の流れを分岐させ、分岐させた新しい管のほうに水を流す方法で不断水工事を実現します。

いっぽうで従来の管はバルブを閉じて断水状態にしますので、工事はその間にすればよいことになります。
不断水工事をすることによって断水がなくなれば、各家庭に対して事前に周知のためのチラシを配布したり、給水車を待機させたりする必要はなくなりますし、工事の期間もそれだけ短縮されますし、コストも安くなります。
今後の中心的な工事の方法としてさらなる普及が見込まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *