暮らしに役立つ不断水工事

水道工事は断水をともなうのが普通ですので、あらかじめ影響がある世帯にはチラシや回覧板をはじめ、作業員による戸別訪問などを通じてその旨を周知するとともに、給水車の準備などもしなければなりません。
しかしこれらの手段はあるとしても、水が出ないことには変わりがありませんので、断水の不便さをこうむるのは確実といえます。マイホームを見渡してみても、トイレ・キッチン・バスルーム・洗面所といったさまざまな場所で毎日大量の水が使われており、逆に水を使わずに生活することは想像するのも困難です。

入浴などはまだ我慢ができるとしても、料理ができずに空腹のままでいたり、ましてトイレの水が流せないとあっては、生活の影響は計り知れないといえます。

このような断水にともなうさまざまな問題を克服するために編み出されたのが不断水工事です。

不断水工事は断水をしないで工事をする方法であり、現在は公共工事などの場合に多く活用されています。
不断水工事の方法はいくつかあるものの、通常はすでにある水道管の一部に特殊な器具を取りつけて水流を分岐させ、もとの管は断水にして、いっぽうの管は通水する方法で、広域的な断水なしでも工事を続けることができる方法となっています。
この方法であれば各世帯では生活がとどこおることはありませんし、工事を請け負った側でも事前の周知活動などのよけいな手間がかからないので、工事の日数の短縮などのいろいろなメリットがあります。

不断水工事のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *