メリットの多い不断水工事

水道工事に断水が必要なのはほとんど常識となっていますが、その断水を迎えるにあたってはさまざまな事前の準備も求められます。

各家庭では汲み置きをして生活のための水を事前に確保しておかなければなりませんし、商店であれば場合によってはその時間帯だけ営業を休止する必要にも迫られるおそれがあります。もちろんこれは工事を施工する工務店のほうもいっしょであり、各家庭にチラシを配布したり戸別に作業員が訪問したりして、断水があることを周知徹底しなければなりませんし、もしもの場合に備えて給水車を準備しておくことも場合によっては考慮の余地があります。
水は現代の生活ではなくてはならないものとなっており、トイレも水洗化されていますし、浴室には常時温水が出るシャワーがあるので追い焚き方式の昔の浴槽とは違ってかなりの量の水を確保しなければなりません。

便利な暮らしはすべて水が確保される前提で組み立てられているといっても過言ではなく、逆に断水があればたいへんなことになります。
そこで最近では断水にともなうさまざまな問題を回避する手段として不断水工事が注目されています。

不断水工事は既存の水道管をせき止めるかわりに臨時に新しい管を分岐させて、そこに水を通して各家庭に水を供給する工法を採用しているため、これまでの工法とは違って断水をする必要がありません。

不断水工事があれば工務店はこれまでの事前周知や給水者の準備がなくなりますし、各家庭でも生活がストップすることがありませんので、どちらにとってもメリットが多くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *