画期的な不断水工事の方法

水道の工事にあたって断水するのはほとんど当然のことといえますが、最近では断水をしなくても工事ができる、いわゆる不断水工事を採用することがあります。

従来の方法で工事をする場合、断水は必須ですので、事前に影響を受ける可能性がある世帯に対して回覧やチラシなどで周知をしたり、給水車を待機させて別の場所で給水するなどの手間が求められていました。しかしこれらは結局のところは弥縫策に過ぎず、欲しいときに必要な量の水がなければ生活に支障が生じてしまうのは避けられません。

一般的な家庭を考えてみても、トイレ・台所・浴室などのさまざまな部分で水を使いますので、時間が多くなればそれだけ影響も大きくなります。

不断水工事を採用した場合、このような断水はありませんので、生活を中断する必然性もなくなります。
この不断水工事はこれまでにない画期的な方法であり、工事をする場所によっていくつか種類がありますが、一般には水道管の一部を分岐させて新しいバイパスをつくり、そのバイパスに水を流してこれまでどおりの給水を可能にする方法です。バイパスではないほうの既存の水道管は誰にも迷惑がかからずに断水できますので、その間に工事を進めて、工事が終わった際にバイパスを撤去して既存の水道管にふたたび水を通すようにすれば効率的です。この不断水工事の方法は上水道に使うのが普通ですが、実は下水道のほうにも応用することができるようになっています。

ほかにも公道などに埋められている水道管のほか、工場やビルなどの建物を通っている配管に不断水工事を適用する方法があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *