暮らしにメリットの不断水工事

水道工事をする場合、周辺の民家や事業場への給水を停止する、いわゆる断水が発生することがほとんどですが、暮らしに大きな影響が及ぶことは避けられません。現在ではトイレの水を流したり、食材を洗ったり煮炊きをして料理をするのにも、やはり水が必要となってくるため、それがなくなれば生活そのものが止まってしまうことにもなります。かつては断水時には各家庭でも水を事前に汲み置きしておくのが一般的でしたが、昔の家庭であればともかく、水が豊富にあるのが当たり前になっている現在の家庭では、汲み置きができる容器なども持ち合わせていないことが多く、結局はパニックになって終わってしまうことがあります。
このような生活上の手間をかけずに水道工事をする方法に不断水工事があります。

これは文字通り断水をせずに工事をすることからの呼び名であり、道路の水道管やビル内部の水道管などの場所の違いによってもさらに多くの工法に分かれます。一般的に不断水工事といえば、既存の水道管にT字管をはめ込んで水流を二股に分岐させ、既存の水道管は水を止め、新しく分岐した水道管に水を流して各家庭に供給できるようにする方法をとります。不断水工事であれば工事中もこれまでどおり水が使えますので、日々の暮らしが中断することがありませんし、もちろん水の汲み置きなどの余計な手間も必要ありません。

また工事を施工する工務店などの会社のほうでも、事前の周知などの手間が省けるので同様にメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *