暮らしに支障がない不断水工事

水道管は一定の年限が経過すれば更新する必要がありますし、場合によっては期限が到来する前に劣化によって破損することもあり得ます。

このような場合には、水道管があるエリアを断水した上で工事をするのが一般的なあり方といえます。しかし水道があまり普及しておらず、各家庭で独自に井戸水を使っていた時代であればいざ知らず、現在ではほとんどの家庭が水道の供給を受けていますので、一時的とはいっても断水が起きてしまうと暮らしにも大きな支障が及んでしまいます。
たとえばシャワーを浴びたり風呂に浸かったりすることはできませんし、電子レンジなどを使う以外の方法での料理もできなくなります。

トイレを流す際にもやはり水が必要ですので、ほとんど暮らしのあらゆる部分で我慢を強いられることが見込まれます。

そこで注目しておきたいのが不断水工事です。ことばをみれば明らかですが、不断水工事は断水を発生させずに工事を施工する方法と考えればよいでしょう。これは断水が必要となるはずの場所に新しい管を取り付けて分岐させ、工事の期間だけはその新しい管に水を流して各家庭への水の供給を行う方法です。

断水をする場合、施工する会社でもチラシや回覧を作って事前に周知したり、万が一の場合に備えて給水車を配備するなどのよけいな手間がかかります。このような手間は不断水工事であれば不要となりますので、手間がかからないことに加えて工期を短縮する効果もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *