水の必要性と不断水工事

水道工事をする場合、一般には断水をともないますが、現在では不断水工事とよばれる方法も採用されています。

これは工事対象となる地域の民家や事務所などの断水をすることなく、工事を施工するための方法とも言い換えることが可能です。

不断水工事にはいくつか種類がありますが、公道の直下にある水道管の施工などであれば、既存の水道管から分岐するT字管を臨時に取り付けて、ここから新しいバイパスの管を付ける方法となります。
既存の管は閉鎖して断水状態とし、バイパスのほうに水を流して、これを民家などへの給水に充当することにすれば、結果として断水は必要なくなる理屈です。

不断水工事によって断水がなくなれば、施工会社のほうでは民家や事務所へのチラシや回覧での周知、給水車の待機などのさまざまな手間がなくなります。これは工事のコスト減少とともに工期の短縮にもつながるメリットです。

もちろん施工会社よりも一般の民家のほうが受けるべきメリットは大きいはずです。

水は生活とは切っても切れない存在であり、トイレを流したりシャワーで体を洗ったりするのにも、水がなければそれを実現することができません。

生活のさまざまなシーンで大量の水を必要としているのは現代の生活の特徴ともいえ、断水が発生すれば利便性や快適性が大きくそこなわれてしまいます。
断水が発生する機会は大規模な自然災害をおいては水道工事のほかにはないのが普通ですので、不断水工事の登場は大きなインパクトがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *