不断水工事の工法とメリット

水道管の工事をする際、その水道管を利用する家庭や事業所、施設などでは断水を実施して工事が行われてきました。しかし、井戸水など水道の代わりになるものがないところがほとんどとなった現在では、一般家庭だけでなく、特に病院や工場など、断水をして工事をすることが難しくなってきました。生活に支障が出ないように水を止めずに工事をするという不断水工事が活用されるようになってきました。
不断水工事には、配管を分岐させることによって各管に水を流す分岐工法があります。

分岐させる場所に割T字管という管と仕切弁を取り付けて、穿孔機を使って元の本管に穴をあけ、仕切弁を開けると通水ができるという仕組みのものです。それが分岐工法で、他にも、交換する配管の両端を凍らせている間に交換をして、交換後解凍をする凍結工法という方法もあります。
これらの方法で不断水工事を行うと、関係する地域住民に負担をかけることがありません。断水をして水道管の工事をすると、再開後に赤い水が出るということがありましたが、不断水工事ではずっと水を出しているので、そのようなこともなく、管内の掃除をする必要もなくなりました。

その分好機を短くすることができるのもメリットです。

さらに、地域住民に断水の告知をしたり、チラシやポスターを作ったりする手間や経費、人件費もかからなくて済むということもメリットです。
このようなメリットがあるので、水道管の工事は断水をせずに済む不断水工事が主流になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *