断水不要の不断水工事

水道工事に際して断水をするのは当たり前となっていますが、この断水をするにもコストがかかります。
たとえば工事を受託した会社では対象となっている地域の住民に事前周知をするためにチラシを作成して配布したり、戸別に自宅を訪問するなどの手間と人件費がかかりますし、工事が終了したあとの洗浄排水なども必要です。
長期化が見込まれる場合には給水車を別途用意しておくことにもなります。もちろん会社側だけではなく、その場で生活をする住民にとっての不便はいうまでもなく、料理・お風呂・トイレといった水を使う作業はほとんどできなくなってしまいますので、片時とはいっても重大な支障をこうむる事実は忘れてはならないところです。

このような支障を取り除く方法がないわけではなく、最近では不断水工事が注目されています。
不断水工法にも場所や目的に適した種類がいくつかあるのですが、ごく一般的な方法としては、穿孔機ですでに埋設されている水道管に穴を開けて、ここにT字管を挟んで管を分岐させます。分岐してできた新しい管に水流を通し、既存の管は閉じて水流を止め、その間に工事を施工します。

このようにすれば周辺住民が断水に悩む必要がなく、これまでどおりの生活が営めるのが不断水工事のメリットです。

不断水工事は会社側のメリットもあり、これまで必要だった周知などの手間が不要になるほか、工期の短縮にも大いに寄与します。つまりは住民と会社の双方がメリットを共有できる画期的な方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *