不断水工法を使用することで得られるメリット

私たちの家庭に水道水を運んでくれる水道管ですが、安心して使うためには定期的な点検や、不具合があれば配管の交換工事などが必要になります。

水道工事をする場合、水道管内に水が流れたままでは作業が出来ないので、工事期間中はその地域は断水してしまいます。断水が起きるとその地域に住んでいる住民には水が使えず大きな不便が生じます。工場や病院、大型の商業施設などの大量の水を必要とする施設がある場合は、簡単に断水を起こすことが出来ず、工事期間や時間帯に制約がかかる場合もあります。

また施工する側も断水することの告知や断水期間が長期になる場合は給水車の手配など、工事に付随する様々な作業がありました。このような様々な問題を解決するために考えられたのが不断水工法です。不断水工法には分岐法と凍結法の二種類があり、分岐法は工事箇所から配管を分岐させて、水の流れを止めることなく工事を行うことができる工法です。

凍結法は作業箇所の両端の水を凍らせることでバルブの役割をもたせ、配管内の水の流れを一時的に止めて作業する方法です。凍結法の場合、部分的に断水は起きてしまいますが、範囲も断水時間も最小限に抑えることができます。不断水工法を使用することでこれらの多くの問題を解決することができるうえに、工事期間の短縮やコストカットなど多くのメリットも同時に生まれます。このような理由から、現在の水道工事では不断水工法を使用することが主流になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *