断水を起こさず工事ができる不断水工法とは

私たちの生活に欠かすことのできないインフラに上下水道がありますが、水道水を私たちの家庭に届けてくれている水道管は定期的な交換や点検などが必要です。

交換や点検をする場合には水道工事が必要ですが、以前の水道工事には断水がつき物でした。断水がおこるとその地域に住んでいる住民には大変な不便が生じていました。また工事地域に、工場や病院・大型の商業施設などの大量の水を使う施設がある場合は、工事ができる時間帯や期間に制約がかかることもあるでしょう。断水が起きる場合は、施工側にも地域の住民に対しての断水の告知や長期にわたり断水する場合は給水車の手配など、たくさんの手間やコストがかかっていました。

このような断水による様々な問題を解決するために考えられたのが不断水工法です。不断水工法とはその名前の通り断水を起こすことなく水道工事をおこなえるように考えられた工法で、分岐法と凍結法の2種類があります。分岐法は、工事区間から水の流れを分岐させることによって水の流れを止めることなく施工できる工法です。

凍結法は工事区間の両端の水を凍結させることによって、バルブの役割を持たせてその区間の工事をおこないます。凍結法では部分的に断水がおこりますが、大規模な物ではなく工事が終れば凍らせていた水をとかすことで時間がかからず、再度水を流すことが可能です。不断水工法を使うことによって、工事期間の短縮や大幅なコストカットが可能になり、現在では主流の工法になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *