不断水工事の利点とは

水道管は社会生活における重要不可欠なインフラで、水道が止まるとなると大変な影響が及びます。

かつて水道工事では断水するのが一般的で、その度に事前の準備が必要なりました。断水エリア全体への通知をはじめ、長期にわたる場合は給水車を手配することもありました。こうした準備は水道工事の本工事に加えて、大変な労力とコストがかかっていました。それが現在では不断水工事ができるようになり、工事自体の手間やコストを大幅に削減できることになっています。水道管の流れを止めることなく、古くなった配管を交換したり、分岐菅を取り付けたりできます。

かつては工事完了後に赤水などが蛇口から出ることもありました。それは、配管に付着した錆が剥がれ落ちるからです。それが現在では、そうした事態は起こらなくなっています。不断水工事が可能になったので、広範囲で水道管の工事が進んでいます。工期自体も短縮されており、効率的に水道管の修理や交換工事が実施されているわけです。

実際の工法としては特殊な機械を管に設置して、内部に異物が混入しないよう穴が空けられます。その他、配管自体を凍結させる工法など、工事の内容によって採用方法が色々あります。不断水工事は水道利用者に負担をかけることがなく、通常通り水道が利用できるのが何よりのメリットです。特に工場や病院などの施設があるエリアでは、水を止まることは大問題になるものです。現在では衛生的に短期間で工事が行えるので、社会の大切なインフラを止める心配がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *