不断水工事は現場スタッフからも好評です

不断水工事の技術が普及する前は、配管内の水流を止めて作業が行われていました。

水流を止めるには古いバルブを動かす必要があり、断水が生じる地域では住民への告知や給水車の手配などを行わなければなりません。古いバルブには赤錆が付着しているので作業を行うと剥がれて水が濁ります。従来の方法では作業後に配管内の清掃も必要です。不断水工事ならばこれらの手間を全て省くことができます。建設業者が売上を増やすためには、経営資源の回転率を上げる必要があります。資金や時間、人員や機材などを効率的に使うことが重要です。

従来の方法で配管工事を行うと1箇所の工事に多くの経営資源を投入することになります。経営資源の回転率を上げるのが難しいという問題がありました。しかし不断水工事ならば低コストで素早く作業を完了させることができます。新しいバルブや分岐管を設置・交換する際に通水状態のまま作業を行うと、従来の方法と比較して時間が大幅に短くなります。不断水工事は作業自体も簡単なので多くの時間や人員を必要としません。

経営資源に余裕が生まれるため、多くの現場に対応できるようになります。さらに低コストかつ短時間で作業を行ったとしてもサービスの質が下がることはありません。安い料金で高品質な工事が可能なため顧客からの評判も高まります。不断水工事にはコスト削減など様々なメリットが存在します。実際に現場で働くスタッフからも負担が軽くなるので好評です。スタッフのモチベーションが高まり、さらに充実したサービスを提供できるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *