上水道取り出しで採用される不断水工事とは

重要なライフラインである上水道の本管を、断水によって水の供給を滞らせることがあってはなりません。

一般住宅や建築物を新築する際は、この上水道の本管から分岐取り出しをして敷地内まで給水管を布設します。従来であればこの作業では、水道本管を断水させてから分岐の工事を行っていましたので、周辺地域への断水での影響は計り知れませんでした。本管を断水させずに分岐取り出しを可能にしたのが不断水工事です。この方法では、水道の本管に割T字管と呼ばれるパーツを設置し、割T字管に付属の穴を通して削孔ドリルで管を開口します。常に本管は水圧がかかっているため、開口の際に出る管の切りくずが本管に入ることはなくて外部にはじき出されます。

割T字管には止水弁が付いていて、このバルブを閉めておけば分岐管を接続する作業中も給水が噴き出す心配がありません。この不断水工事の手法は上水道だけでなく都市ガスにおいても用いられていて、都市ガス管の分岐工事での同様な作業が行われます。不断水工事のメリットは作業が短時間で終了できることであって、それに伴い道路の交通規制の時間も短縮されます。同時に工事費用も従来よりも安価になります。通常は、上水道の分岐工事は施主である土地所有者が負担しますので、工事費が抑えられることは施主にとっても朗報であります。

取り出し可能な分岐管の直径は13ミリメートルから50ミリメートルまでですが、本管が細い場合はこの工法が導入できない場合もあります。これは穴あけが本管の大部分であると間そのものの耐久性に重大な支障をきたすことが予想されるからです。このため、分岐工事では事前に上水道の管理者の地方自治体の水道担当部局と協議を行います。同様に、道路工事に関して道路管理者の自治体道路部局や警察や消防とも事前の協議が必須であります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *