便利な不断水工事の時代

水道管の水の流れを止めずにできる工事方法があるんですが、それは不断水工事と呼ばれています。

水道の蛇口をひねるだけで水が出てくることが当たり前の時代、工事で断水するとひどく不便に感じるでしょう。不断水工事なら断水しないのでデパートなど商業施設や病院など医療福祉の施設、また個人宅にも影響しません。予め水を溜めておくといった必要もなく通常通り過ごすことができます。従来の断水をともなう工事では古いバルブにくっついた赤色をした錆で水が赤く濁ってしまいました。不断水工事はそのようなことはありません。

しかも工事は短い時間です。分岐工法の場合は専用の管と仕切弁、穿孔機を用いる管に穴を空けて分岐するといった工法です。バルブが水を止めたい所から離れた場所にある場合、凍結工法が行われます。施工する箇所に凍結容器を設け液体窒素で凍らせます。2つの工法はほとんどの場所で施行可能です。不断水工事の工法の開発は日進月歩でインサーティング工法なども行えるようになりました。

水道管の周りに障害物がたくさんあると穿孔することができる部分が限られてしまいますが、その際もスムーズに作業を行えるよう専用の分岐管なども製作されています。工事を行う所の状況に応じた最適な工法を選んで施行すれば、施設や個人宅における生活に影響しません。不断水工事の工法によって、水周りの環境を断水させることなく改善させられる、本当に便利な時代になりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *