不断水工法は生活に役立っています

不断水工法は私たちの生活にとても役立っている水道管工事の方法です。

不断水とは絶え間なく水を流すことといった意味です。つまり不断水工法は断水にすることなく工事を行う方法です。私たちの生活に欠かせないものと言えば色々ありますが、水もその一つです。飲み水としてだけではなく、その他にも炊事や洗濯、それにトイレや風呂などにも使います。そのため断水になると、生活上の多くの場面でとても不便になります。断水となる原因はいくつかあります。例えば渇水による水不足や地震などの災害など、自然発生的なことがあります。これらによる断水は仕方のないことです。

ですが、水道管工事による断水は仕方ないでは済まされません。工事のたびに断水が発生すると生活の質が下がってしまうためです。ですが、例えば道路などの下に埋設している水道管に新しい管を接続するには、送水している管に穴を開けなければなりません。高い水圧がかかったままではとても危険なため、送水を止め水圧を下げてから工事を行います。これが水道管工事での断水です。そこで開発されたのが不断水工法です。

専用の分岐管などを使うことにより送水したまま水道管に穴を開けることが出来るようになりました。不断水工法が登場する以前は、夜間もしくは数日かけて工事を行い、その間断水を余儀なくされていました。不断水工法では断水することがないので、生活の質が保つことが出来ます。この工法は私たちの生活に役立っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *