不断水工法の技術には頭が下がる

技術の進歩というのは凄いもので、私たちの預かり知らぬところで素晴らしい技術が生まれて、私たちの生活を便利にしてくれていることがたくさんあります。

その一つの例が不断水工法という技術でしょう。不断水工法は、水道管の水を止めなくても工事ができてしまうという夢のような技術です。工事をしている最中でも水を使うことができるので、断水によって生活に支障が出ないという大きなメリットがあります。不断水工法が誕生する前は、水道管の工事がある度に断水が発生しており、それはそれは不便でした。断水が起こると告知されると、各家庭ではバケツやポリタンクやペットボトルなどに水をためて備えたりしていたのです。

また、長期間の断水になる場合は給水車が出動するようなこともありました。工事が終わった後には、蛇口から赤水が出てくるのが通例で、ちょっと不快な感じは否めません。今は不断水工法ができたおかげで断水がなくなり、水を汲み置きして備えたりするような事態はほとんど消滅しています。一般生活者にとっても有り難いですが、病院や料理店・工場などにとっては本当に助かっているはずです。

不断水工法は、工事業者にとってもたくさんのメリットをもたらしています。まず、工事のコストが大幅に削減できるというメリットがあります。水道管の水を止める必要がないので、工事後の管内の清掃は不要ですし、工事にかかる時間も従来のものよりも少なくて済みます。この工法は、すべての人にメリットのある素晴らしい技術ですが、一般にはあまり知られていないのが残念です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *