水道工事に欠かせない不断水工法を採用

上下水道の極めて高い普及率を示している日本において、水道インフラに関してはもはや止まることの考えられない絶対的な基本インフラという認識を持たれています。

そのために、何らかの原因でストップした時のインパクトは大きく、その地域で暮らしている人たちにおいて計り知れない不便を与えることとなることは想像に難くありません。地震や洪水などの大規模な自然災害が発生した時に水道がストップし、いくつもの給水所が設けられたり自衛隊や自治体の給水車が走り回ったりしている映像をご覧になったことのある人も多いのではないでしょうか。基本的に災害は事前の予告がないためにそのような事態となるとも言えますが、何らかの原因によって破損が発生して修理や水道管の交換が必要となる事態も珍しいことではないという抑えをしておくことも大切です。

老朽化した設備で多くの問題が発生し始めていることもあり、今後は設備更新という観点から水道工事が必要となる場所も増えていくことも予測できます。そのような場合に、大規模な断水を生じさせないようにするために欠かせないのが不断水工法です。この不断水工法においては、工事個所周辺の断水を避けるという重要な側面と、工事費用の圧縮や工期の短縮などの各種コストの削減にもつながります。もはや水道工事においては不断水工法がスタンダードなものとなっておりますので、各施工会社の技術や工事方法を比較検討してより優れた不断水工法を採用することがベストと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *