不断水工法なら近隣に迷惑をかけずに工事が進められる

ひと昔前までは、住宅地に新しく家が建つと水道を引くための工事が行われ、周辺の住宅には断水についてのお知らせが回覧板やチラシなどで伝えられていました。

断水中は近隣一帯で水が使えなくなるため、あらかじめ浴槽に水を溜めておいたり、炊事や洗濯などを手控えたりする必要がありました。ところが近年では、住宅が新築されても断水が起きることはあまり多くありません。これは、断水せずに水道管を増設できる技術の普及が進んでいるからです。このような工事法を、一般に不断水工法といいます。不断水工法を採用すれば、断水を行わなくても作業を進められるため、近隣住民に不便を生じることがなくなります。

一方、施工する事業者の方も、事前広報などを行う必要がなくなるうえ、配管の水抜き作業も不要になるため、工期の短縮や人件費の節減につながるなどのメリットがあります。こうしたことから、新たに工事を行う際は、この工法を採用する機会が多くなっています。不断水工法には、いくつかの種類があります。たとえば本管に新しく枝管を取り付け、新築住宅への配管を行う時は、分岐工法と呼ばれるものが使われます。これは、管が上下に割れることで既設管をすっぽり覆うかたちで取り付けることのできる割T字管というものを用い、分岐点を新設するというものです。割T字管と仕切弁を組み合わせ、弁を開閉しながら既設管に向かってドリルを掘り進めば、水漏れを起こすことなく枝管を接続するための穴を開けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *