不断水工法を使うメリットとデメリット

不断水工法とは水道工事の手法の一つで、断水を行わずに施工をする工事の方法です。

水道工事の主な方法が断水をせずに工事をする方法で、この手法が多用されるのは断水をする工法よりもメリットが多いからです。不断水工法のメリットはいくつもあって、断水をしないので対象の地域の人たちは工事が始まっても普段通り水道水を利用する事ができます。もし断水をする方法で工事をする場合は、断水が発生するので施工主は、対象の地域の住民や施設に断水が発生する事を告知して周らないといけません。

さらに水が止まる対象の地域に病院などの一時的にでも水道を止められない施設があれば、給水車などを手配する必要が出てきます。不断水工法を使用した時はこれらの手間が全て省けるので、施工側にとっても大きなメリットです。水道を止める方法で工事をした場合は一通り作業が終了した時点で、一度管内を清掃しないといけません。これも通水したまま施工ができる不断水工事では必要ないので、作業の工程を減らす事が可能です。

水を止めて工事する場合は管内を清掃した後に通水するとしばらくは赤水が出るので、しばらくの間は水を流したままにします。不断水工法を使った工事では、通水したままなので、水をながしたまま放置する作業も不必要です。もともと水道工事は水を止めて行う工法が主流でしたが、T字割管が開発されてから不断水工法が使われ出しました。その後不断水での工事の方が主流になっていきますが、断水する必要がある時は水を止める工法も使われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *