不断水工法は手間や費用が掛からない手法

断水は水を止めることを意味するもの、水道管を交換するときには必ず断水が必要とされて来ました。

水道管内部は高い水圧で水が流れているので、繋ぎ目に使われているボルトを取り外してしまうと勢いよく水が噴き出してしまう、そのままでは取り外すことができないため断水が余儀なくされていたわけです。しかし、不断水工法が登場することで水を止めることなく交換を容易にさせるメリットが出て来ました。不断水工法は水まわりの工事を行う際に、断水せずに施工できるやり方の総称、実際にはいくつかの工法があるといわれています。

断水の手間は意外と大きく、生活の中で欠かせない水を止めるわけですから事前に通知を配らなければなりません。チラシを作るためには費用が掛かりますし、配布するといっても人がそれを一軒ずつ配ることになるわけですから人件費も必要不可欠です。手間の中には止水栓を閉じる作業が発生しますが、これは必ずしも工事現場近くにあるわけでなく遠く離れた場所に止水栓があるときには、その場所まで移動して断水状態にする必要が出て来ます。

工事を行う先だけ水を止めることができるのであれば、断水世帯数は少なくて済みますが、遠く離れた場所の止水栓を閉じると断水世帯数も増えてしまう、チラシの配布数も増えるなどのデメリットもあります。不断水工法はこのような手間が要らない水回りの工事であり、現代の水道工事の多くは不断水工法で行われているといいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *