メリットの多い不断水工法

水道工事をする場合には断水をして施工するのがセオリーですが、これによって多くの世帯が生活を中断させられてしまう弊害があります。

今ではマイホームといえば水道なしの物件はほとんど考えられず、蛇口をひねるだけで水がいくらでも出るのもまた当然とされています。したがって少ない時間帯で終わるとはいっても、断水が見込まれるのであれば事前に影響を受ける世帯に対しては周知を徹底しなければなりませんし、場合によっては給水車などを準備しておくこともあり得ます。このようにさまざまな準備をするにあたっては、工務店でも人員と時間をかける必要がありますので、労務単価を掛け算してみればかなりのコスト高になっていることは明らかです。

このように断水にともなうコストを削減するためには、不断水工法を採用するのが最適といえます。不断水工法にも仔細にみればいろいろと種類がありますが、一般的には水道管の途中にT字管を取り付けるなどしてバイパスをつくっておき、工事で止水する時間内であっても同時に各世帯への水の供給はできるようにしておきます。そうすれば断水をしないでも工事ができるため、不断水工法という呼び名が生まれたともいえます。この不断水工法を採用すれば、断水が必要ないために周知や給水者の確保などの必要も同様になくなり、コスト削減に大きな効果を発揮します。これは時間的な面でも削減につながりますので、工期短縮の効果も期待でき、しかも各世帯からのクレーム対応などもしなくて済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *