不断水工法は断水せずに工事が可能です

不断水工法は配管工事に利用する工法で、配管の水の流れを止めずに管の交換などが可能になることが特徴的です。

昔は水道工事というと水が半日使えなくなるなど、断水となる場合が殆どでした。水道の工事は大切なことと分かっていても、水道管の工事で断水になることは工事を行う地域に大きな影響を与えてしまいます。断水になる時期や給水が行われる時期などの告知を住民にしたり、工事によって断水する時期が長期になる場合には給水車を手配する場合もあります。

さらに病院などで水道工事をする場合には、工事の時期や時間帯などが制限される可能性もあり、断水による様々な影響を最小限にすることが可能になるのが不断水工法です。不断水工法は、配管を分岐させる場合には仕切弁を取り付けて通水を行ったり、交換したい配管の両端を凍結させることで短時間で交換して解凍する工法などがあります。

断水させずに水道管の工事を行うメリットには、断水の告知や給水車の手配など、水道管工事に関わる作業が不要になります。断水した後に通水が再開すると赤錆が剥がれるため、管内の清掃が必要でしたが、不断水工法で断水せずに工事を行うとこの清掃も必要ありません。また工期を短縮できたり、工事による断水の告知や清掃などが不要になり、工期も短縮できるため、人件費など工事に必要になる費用を抑えることが可能になります。多くのメリットが期待できる不断水工法は、水道工事では主流の工事の方法となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *