リフォームを検討中の方に役立つ不断水工法

一軒家のリフォームを検討している方の中には、2階を広くしてトイレやキッチン、洗面台などを2階にも設けることを希望される場合もあります。

2世帯住宅に近い状態が該当していて、勿論、二世帯住宅のリノベーションでも同様です。2階部分に水周りの設備を整える際には、水道の本管から給水管を新設することが必要ですが、普通の工事方法では工事期間中は1階部分の水周りも使うことができません。全ての止水栓を閉めて給水を止めなければ配管を増設したり移設することができないので、従来型の方法でリフォームする際には、近隣の賃貸物件に一時的に住む方も存在しています。

現在ではこのような不都合さを感じない方法があり、水道管や給水管関連では不断水工法というものを利用できます。止めたくない給水管へと本管から水の流れを止めないように、工期中は異なる配管を接続するという理論的には簡単な方法です。この工法にはメリットを感じられることが沢山あり、賃貸物件を借りずに済ませられるので、住みながらリフォームを行うことが可能になることで、余計な出費を減らせます。

給水をストップさせてしまうと、給水管が劣化するとも言われており、実際に一定期間を止めてから蛇口から水を出してみると、不純物が混入した水がしばらく出てしまうことも珍しいことではありません。不断水工法を採用することで余計な水道料金も掛からないメリットがあります。2階に水周りの設備を整えるリフォームでは不断水工法であればストレスも軽減できるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *