不断水工法とこれらの活躍

不断水工法は、断水をせずに工事を行ったり新しい管を増やすと言ったことが出来ます。

その為水道管の工事を行う場合、断水にならないので工事をする地域に告知せずに済む点があります。また断水をする工程が不要になるので、断水を行う場合に発生する手間(告知だけではなく排水洗浄など)も無くなるので時間と費用が抑えられるので不断水工法は水道工事を行うには必要な方法となっています。不断水工法は、通常の水道工事だけではなく災害が発生した場合にも有効となっています。

例えば大きな地震が発生した場合その影響で飲み水が濁ってしまう事や、水道管が破損するようなトラブルの発生の場合該当する箇所を断つことが出来るので、綺麗な水を提供出来ると言う面もあります。災害が発生した時以外も、大規模な事故による水道管への影響にも対処することが出来るのもポイントとして挙げられます。また上水道だけでは無く、下水道の工事でも不断水工法は活躍します。

断水をせずに工事を行うと言う方法は同一ですが、水道管工事と全く同じかと言うと違う展開となります。これは下水道の規模が大きい事によるもので、工事を行う場合断水をする処理ではポンプを使う事になりこれを地下に伸ばして行くので地上にそれらの機械が設置します。よって道路の地下にある下水道に行う場合、使用する機械があるので通路の邪魔となるパターンなので、工事を行う場合周辺地域への告知や工事を行う時間の制限や交通整理を行うことが必要になるケースがある所が水道工事と違う点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *