不断水工法の詳細と利点について

一般的に上水道管は公道に布設されているため、配管工事を行う際には道路の通行規制をすることを余儀なくされ、作業はできるだけ短時間で完了させることが求められています。

住宅などの建物を新築したり大規模な改修を行う場合、上水道管から分岐した管を敷地まで布設しますが、作業によって重要なライフラインである上水道管を断水させることはできません。通常、上水道管の分岐作業は建物のある土地所有者が負担していますが、工事費をできるだけ安く済ませたいという要望が出るのは自然なことです。分岐工事費用だけでなく、道路の掘削工事や舗装の復旧工事費用も同様に土地所有者が負担しますので、必要最小限な作業として工事費を抑えるべきであります。

このような要望に応えているのが不断水工法です。不断水工法では、上水道管に割T字管と呼ばれる部品を設置して、割T字管に付いている穴から本管に穿孔用ドリルで穴を開けます。本管内部から常に水圧が掛かっているため、穴あけ時に出る管の切りくずが内部に入ることはなく、外部に押し出されてしまいます。割T字管に付いている止水バルブに、建物まで配管する給水管をつなげば分岐取り出し工事が完了となります。

上水道管の埋設深さなどの条件によって異なりはしますが、ほとんどの事例で数時間から半日で工事を終えることができます。分岐取り出しが可能な管のサイズは、13ミリメートルから50ミリメートルまでですが、本管が細い場合にはこの工法が適用できないこともあります。都市ガス管の取り出し工事でも、水道の不断水工法に似た工法が行われています。分岐工事にあたっては事前に、上水道管理者である自治体の水道部局でこの工法が採用できるかなどの協議する必要があります。同様に、道路管理者である自治体の道路部局と警察や消防に事前申請をすることも必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *