不断水工法は下水にも使われる

不断水工法は水道工事などで活用されている方法ですが、下水道の工事にも使用されています。

下水道の場合、管が地下に存在しているの規模が大きくなるケースもあるために直に工事を行うことが難しくなる点です。そこで下水道によって不断水工法を行う場合には工事を行うためのバルブは使用しないで地上に特殊ポンプを設置して、そこから吸い込むためのものや排水ためのホースを伸ばして行う事となります。そして工事にはポンプだけではなく、ポンプを動かすための電源ユニットも設置する事となります。

下水道での工事になるのでマンホールから中にホースを展開する訳ですが、マンホールの蓋を開けずに他所に入れる穴を作って行うバイパスのようなケースもありです。これらを行う場合には、地上が車などがよく通る道路と言うパターンも発生してしまいます。それらの理由によって工事を行う場合には通行に片道通行などの制限をすると言うものや、不断水工法を行う時間を地上の道路での車の通行が少なくなる夜の間だけ行うと言った交通整備の対応が必要です。

工事を行う場合で中の破損した部分を取り替える、と言った必要性がある場合にはショベルカーなどの重機の使用が必要となるので地上の状態によっては、ショベルカーがあるので道が狭くなりすぎて車がすれ違うことが出来ないと言うパターンも起きる事もあるので、その地上の状況によっては工事を行う期間中は車両通行止めになるケースもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *