不断水工法の利点と特徴について

一般的に上水道の本管は道路に埋設されているため、道路を規制して工事を行う必要があり、できるだけ短期間に作業を終えて影響を少なくすることが必須です。

建物や住宅などの新築工事や大規模な改修工事では、水道の本管から分岐した給水管を建物まで配管しますが、たいせつなライフラインである水道の本管を、作業によって断水することはできるだけ避けたいのは言うまでもありません。分岐工事は工事の施主である土地所有者などが負うことになるため、作業の時間を短くすることで低価格にて行えます。こうした要望を満たすべく開発されたのが不断水工法です。

不断水工法では水道の本管に割T字管と呼ばれる部品設置し、割T字管付属の穴からドリルで本管に削孔を行います。水道の本管は常時内部から水圧がかかっているため、穴あけの際に出る切りくずが内部には混入することはなく、全て管の外部にはじき出されます。割T字管には止水弁が付いているので、給水管を接続することで一連の作業が完了し、作業中は断水の必要がありません。

水道の本管の埋設深さにより異なるものの、たいていの事例では数時間から半日で工事が終了します。水道の本管から分岐取り出しが可能な管径は13ミリメートルから50ミリメートルまでで、都市ガス管の分岐取り出しにおいても、上水道の不断水工法と同様な手法で作業されます。

作業を行う前には事前に、上水道管理者である地方自治体の水道部局と道路管理者である地方自治体の道路部局、警察や消防と協議することが必要であります。同様に、分岐ができる本管の径は、接続管の径によって決まるため、水道部局と協議しておくことも必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *