不断水工法のメリットとは

不断水工法は配管内の水流を止めずに、上下水道管の交換や修理を行う方法となります。

メインとなるのが分岐菅の設置工事で、その他古くなった配管の交換などで活躍します。不断水工法が開発される前には、水道工事は断水してから行われていました。そのため、工事関係者は対象エリアに事前の通知する必要がありました。その際には工事期間を明記し、時間厳守で工事を完了させる必要があったわけです。その分準備に相当な力や時間、コストがかかっていました。

また断水工事が完了してからも、赤さびなどが家庭の蛇口から出るなど課題もあったわけです。何より断水工事では、水道という重要なインフラが止まるのが問題でした。エリアによっては、工場や病院などの公共施設があります。そこでは、水道が止まることは重大なトラブルを招きかねません。そこで登場したのが不断水工法で、これにより工事エリアは施工中も普段通り水道が使えるようになりました。

当工法は既設された本管を、専用の装置で分岐させるやり方が主流です。別名をバイパス工法と呼んでおり、施工会社は自分のタイミングで工事を行えるのがメリットです。事前の通達なども不要なので、工事コストを大幅に削減できます。工事期間にも制限がないので、人件費の削減にもなります。何より、工事完了後も蛇口から赤さびなどが出る心配がありません。府散水工法にはバイパス工法の他にも、凍結工法という手法が開発されています。これは、交換する管の両端を凍結させる方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *