暮らしの影響がない不断水工事

水道管は放置していればやがてはサビなどで老朽化してしまいますので、定期的に敷設替えが必要となってきます。

家庭に上水を供給している口径の細い水道管などの場合は、新築から年数を経て老朽化することがもちろんありますが、そのほかにも冬場の積雪や凍結によって途中から破裂してしまう機会もめずらしくはなく、その場合にも補修のための工事が必要です。いずれにしても水道管はいったん敷設すれば永久に使えるものではなく、常に何らかの工事が必要なシーンは訪れるものですが、ここで問題となってくるのが断水です。

工事をするには水道管のなかに通水している状態では難しいため、ほとんどの場合は断水をしてから工事にとりかかることになっています。しかし一家庭だけであればともかくとして、大掛かりな工事ともなれば、断水の影響が及ぶ世帯はかなりの数に上ってしまい、事前に周知を徹底するとともに、場合によっては給水車なども待機させて万全を期しておかなければなりません。

このように断水にともなう生活への影響をできるだけ避けるために考案されたのが、不断水工法とよばれている方法であり、具体的な工法にはいくつかのバリエーションがあります。不断水工事をする場合、たとえばT字管によって水の流れを工事をしたい水道管とは別の仮設の水道管に分岐させ、この仮設のほうに通水して断水を回避します。いっぽうでもともとあった水道管は止水して工事をすればよいため、不断水工事を使えば大規模な断水はほぼ必要なくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *