不断水工法がもたらしたもの

不断水工法は、現代社会のインフラを維持するために欠かせないものです。

それは上下水道の水流を止めずに、必要な工事を行える工法だからです。水道管は社会を支える重要な設備であり、それが断水するとなれば多大なる影響を各方面に及ぼします。中には水が不可欠な工場や病院などもあり、運営上の生命線にもなっています。かつては断水工事が行われており、その前には入念な準備がなされていました。工事の事前告知は勿論、場合によっては給水車の手配なども必要でした。

そして工事期間や時間も限られていたので、相当数の作業員を投入しなければなりません。それが工事コストの上昇にもなっていたわけです。こうした課題を克服するために、不断水工法が考案された経緯があります。不断水工法では、分岐させる配管に割T字管と仕切弁を設置します。その後、専用の穿孔機で穴を空け、穿孔機を引き抜きます。それから仕切弁を開いて通水を開始することになります。

不断水工法には、凍結工法と呼ばれるものも登場しました。これは施工する配管の両端を凍結させ、短時間で工事が完了できるやり方です。断水しないので地域に与える影響が少なく、工事期間も短くて済みます。何より工事コストの大幅な削減につながるので、大切な税金や水道代が効率的に使われることになります。加えて断水工事で発生していた赤錆なども、不断水工事では発生する心配がありません。工事中の汚れなどは、全て水流の圧力で外に輩出されるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *