不断水のまま配管工事を行うメリットとは

上下水道で配管工事を行う場合に水の流れを止めて作業を行うと時間や手間がかかってしまいます。

時間や手間をかけず効率的に作業を行うことができれば、人件費などのコストが下がるため顧客に提示できる工事の料金も安くなります。不断水で工事を行う技術を持つ会社とそうではない会社を比較すると、営業効率に大きな違いが見られます。コストパフォーマンスの優れた会社の方が顧客満足度が高く新規の顧客だけでなくリピーター客も獲得しやすくなります。配管工事を請け負う会社が営業効率をさらに高めるには、不断水により工事を行う技術を持つことが非常に重要です。

以前は断水を生じさせた上で配管工事が行われていたため、周辺住民に告知したり給水車を手配するなどの作業が必要でした。また配管内の水流を止めて作業を行うと、新たな分岐管やバルブを設置するのに時間がかかってしまいます。不断水により工事を行う技術が登場したことで、上下水道における配管工事の時間は大幅に短縮されました。配管内の水を流したまま作業を行う新しい技術には、従来の方法と比べて格段にコストパフォーマンスが優れているという特徴があります。

現場における作業効率も向上するため、スタッフの身体的・精神的な負担が軽くなり労働環境の改善にも効果的です。不断水により配管工事を行う技術には様々なメリットがあり、現在では多くの現場で広く採用されるようになりました。もともとは上水道で分岐管やバルブの設置・交換を行うための技術でしたが、下水道の工事でも採用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *