不断水工法が可能にした効率的なインフラ工事とは

日本だけでなく世界各国で都市整備をおこなう際、まず最初に整備されるのが水道です。

水は人々が生活するうえで欠かすことができないものだからです。インフラ工事の基盤という見方もあり、さまざまな工法を生み出して日々整備されています。1960年のドイツで開発された「不断水工法」は水道工事には欠かすことができない工法となり、日本でも全国各地のインフラ工事で実施されています。「不断水工法」とは二又に分かれている配管を一定間隔で水道管に取り付けてゆき、備わっているバルブを開閉することで水の流れを切り替えることが可能です。

水道管の場合、定期的にメンテナンスを実施して腐食している配管を取り換える必要があります。「不断水工法」が用いられるまでは、工事時間は周辺地域を断水にしないと配管の取り替えがおこなえませんでした。この断水は市民生活に大きな影響を与えるため、何日も前から通告をおこなって工事をなされていたほどです。

ところが、「不断水工法」であれば取り換える配管のバルブを閉じれば水の流れをシャットアウトしつつ、別の配管へと水流を止めることなく流した状態となるので断水を実施する必要はなくなりました。今現在、日本各地では水道工事で断水を強いる自治体は皆無です。そのため、どこで水道工事をおこなっているのか知らないとう方が大半でしょう。日夜各地で水道のメンテナンスはなされており、我々に清潔で綺麗な水を届けてくれています。ドイツ生まれの「不断水工法」は、インフラ工事を効率的に進めるのに不可欠な工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *