不断水工法のメリット

最近、あまり水道工事のために断水を行うことを見たり聞いたりしなくなったように感じませんか?水道の修理をいつでも行うことができることと、水道を毎日利用することの両立を可能にしているのが、不断水工法。

不断水工法とは、水道工事の際に元からある水道管の流れを止めることなく工事を行うことができる画期的な方法です。高度経済成長によって都市生活が活発になったことで断水状態に陥ることなく工事を行う必要が生じたことをきっかけに、昭和30年代に開発されて以降今日まで広く支持され、そしてその技術は向上し続けています。

不断水工法には、「分岐工法」と「凍結工法」の二種類が存在します。分岐工法とは、水道本管に割り込むように接続部品を入れて、新設する枝管側に水を通水するやり方です。凍結工法とは、枝管を接続するポイントの周辺の水道管に流れる水を凍結し、水を止めて分岐管に水を流す方法です。不断水工法のメリットは、水道利用者だけでなく工事業者にも存在します。

断水が必要ないことから、断水の告知をしたり、給水車を用意したりといったコストが省けます。また、いちど断水すると復旧のために水道管内の清掃が必要となったり、通水後に正常な水が出るまで時間がかかったりと手間がかかりますが、この方法ならその必要はありません。不断水工法は、水道利用者と工事業者の双方にとって良い影響をもたらす工法であるがゆえに、現在の水道工事の主流となっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *