GoogleMapsAPIの料金

subpage01

GoogleMapsAPIはウェブサイト上にGoogleMapを引用表示できる便利なサービスですが、料金プランが2018年に変更されていますので注意しておいたほうが良いでしょう。

GoogleMapsAPIの情報ならこちらで掲載されています。

以前は完全無料であり、料金プラン変更後も結果として無料で利用できている人は多いものの、完全無料ではなくなっています。

GoogleMapのサービスそのものは知ってのとおりインターネット環境さえあれば誰でも無料で何の制限もなく利用できますが、普通に考えて分かるとおりこのようなサービスの提供が全くのノーコストでできるはずがありません。地図情報というのは一度作成してしまえば終わりでは決してなく、日々どこかで新しいビルが建設されたり、新しい道路が作られたりしています。もちろん壊されるものもあるでしょう。

こういった情報をしっかりと更新していかない限り、信用できる地図にはならないわけですが、それにはコストがかかります。
GoogleMapではそのコストは回収できない分、GoogleMapsAPIのような関連サービスで回収しなければいずれは行き詰ってしまい、それは結局は利用者のためにならないでしょう。



具体的には、GoogleMapsAPIの利用に際してはアカウント登録というか、APIキーの取得が求められるようになっています。その際、クレジットカード等の登録も必要で、料金はそこに自動的に請求されます。
ただ、1か月あたり200ドル分までは引き続き無料で利用できることになっています。