GoogleMapsAPIを活用範囲の広いサービス

subpage01

GoogleMapsAPIは、地図を使ったサービスの開発に必要な様々なサービスを提供しています。

お客様に相応しいGoogleMapsAPIの補足説明を致します。

単に地図を載せるだけではなくて、目的の場所や建物にマーカーを設置する機能を持っていたり、データをインポートしてグーグルマップ上でデータを見ることができたりします。利用するためには「API」キーを取得する必要があります。GoogleMapsAPIのページから取得することになります。

APIキーを取得したら実際にWebサイトに適用するには、グーグルマップの情報を埋め込む必要があります。



簡単に地図を表示できる機能でまだまだ可能性を感じさせるサービスです。
例えば、地図を使ったゲームが開発されています。


現実の地図を使ったゲームは斬新で今あるゲームにはない迫力と面白さが期待されます。


GoogleMapsAPIから利用することが条件で商用とはいえグーグルマップを利用できます。

しかも一定回数まではサービスで課金されません。
ホームページでの活用が主ですが、様々な可能性を秘めておりこれからGoogleMapsAPIは注目をあびています。
行政によって消火栓や防火水槽位置情報を掲載した、「消防水利デジタルマップ」などといった地図をこのGoogleMapsAPIを利用して開発しています。


これからもこの機能を使ってアイデアを出していけば実際に役に立つ開発が生まれてくるのです。そのような意味でこのサービスを使用した未来には明るいものがあります。